QUREOプログラミング教室の無料体験受付中!

世界的コロナ禍の中、少しずつ日常生活が戻ってきています。
学校も再開しているところが多いですね。
感染にはくれぐれも気を付けながら、できるところから以前のペースを取り戻せたらいいですね。

ところで、今年度から小学校では新しい学習指導要領での授業がスタートします。
————————————————————-
※「学習指導要領」とは?
「学習指導要領」とは、全国どこの学校でも一定の水準が保てるよう、文部科学省が定めている教育課程(カリキュラム)の基準です。およそ10年に1度、改訂しています。
子供たちの教科書や時間割は、これを基に作られています。
————————————————————-
この流れにより、小学校では「プログラミング教育」が必修化されます。
今回のコロナの流行により、社会全体でテレワーク・リモートワーク化の導入が加速度的に進み、ITの必要性が更に高まったと感じます。
ITリテラシーが必要不可欠な時代が到来しています。
これからのお子様のお稽古の選択のひとつとして、プログラミングをお考えの方も多くなっているのではないでしょうか?

弊社は、静岡県浜松市浜北区中瀬地区において小学生向けプログラミング教室を運営しております。
ただいまコロナ禍におきまして、完全オンラインでの運営になっております。
無料で体験会を行っていますので、ぜひ親子で、お友達同士で参加してみませんか?

お申し込みお待ちしております!

教室のご案内、お申込みはこちらから
http://vteacher.online/qureo-free/

出願中の特許が公開されました。

出願中の特許が公開されました。

———————————————————————————————–
【要約】
【課題】 ストリームキーに付与した音声加工命令を実行できる音声加工装置を設けたライブストリーミングサーバを提供する。
【解決手段】 この発明はライブストリーミングにおいて、ライブストリーミング配信用システム(1)のストリームキーに音声加工命令を付与(2)することで、音声加工ソフトウェア(10)と映像加工ソフトウェア(11)から成る音声加工装置が設けられたライブストリーミングサーバ(4)で音声加工命令を実行することができ、閲覧者(17)は音声加工された状態のライブストリーミング(13)を鑑賞できる。
本発明は以上の構成により成るストリームキーに付与された音声加工命令を実行できる音声加工装置を設けたライブストリーミングサーバに関するものである。
———————————————————————————————–

URL:
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/PU/JP-2020-064268/06B3B7C831DF038CD7BCC4A7C040E087F6208AF813A8805A51E4A981EB6AD773/11/ja

QUREOプログラミング教室がオンライン授業に対応!

QUREOプログラミング教室がオンライン授業に対応しました。
全国に展開する1700教室のうち、まずは500教室以上がスタートします。
ぜひお近くの教室を探してみてください!

もちろん弊社も対応済みです。

QUREO
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=24629

■オンライン授業対応教室一覧
34都府県及び海外含め523教室 / 2020年5月中対応開始予定含む

MONET-浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム、デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム

下記の2件について、弊社の加入が承認されましたので、報告いたします。浜松市は2020年3月にMONETとの連携協定を発表しています。

・浜松市デジタル・スマートシティ官民連携プラットフォーム(一般会員)
・浜松市モビリティサービス推進コンソーシアム(一般会員)

※ 浜松市のサイトに弊社名が掲載されています。
https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/digitalsmartcity/mobilityconsortium.html

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/digitalsmartcity/documents/200507_kaiin.pdf

【新サービスの具体的なイメージ】
———————————————————————————————–
新型コロナウィルスの影響で、最近、タクシー業界の救済措置がいろいろ取られています。
救済措置の一環として、弊社として「バーチャル乗車」サービスを提供したいと考えています。

内容としては
1.ライブ配信アプリをタクシー車内に設置する
2.アプリを介して自宅にいる客が目的地を伝える
3.運転手が目的地に行く(車を走らせる)
4.移動中の映像(風景)を自宅にいる客がアプリで見る
5.客がタクシーの運転手にタクシー料金を払う(アプリを介してクレジットカード支払い)

運転手の感染のリスクを抑えられ、タクシー業界も営業を続けられます。
外出自粛で外に出たい客のニーズにも答えられ、
また、有事の様子も将来の研究材料として利用できます。
———————————————————————————————–